[PR] 解析

クリスマスは子供にとって 前編

12月に入り、今年も残すところあと少し。
年々早く感じるのは歳の成果。

子供達はクリスマスプレゼントの選択に必死であるの。
そんな時期にいつも思い出す事

それは幼き頃のクリスマス事件。
我が家はクリスマスと言う日は特にケーキをかじるわけではなく、

いつもと変わらぬ日であった事の方が印象的。

唯一、一枚、だけ、兄弟三人とオカンが写る写真が一枚。

年齢で言えば私が幼稚園位だろうか。
こたつの上には丸いケーキ。

多分、丸いケーキなんてこれ一度きりのような。

その近くには兄貴2人と私に買ってもらった、いや、サンタさんから頂いたプレゼントが写っている。
兄貴2人はこれ

エポック社から発売されたゲームウォッチ、オイルギャングとパクパクマン。
余談だが、当日ゲームウォッチを聞き間違えて『ゲームボッチ』と呼んでいた事は記憶に新しい。
さて、私のはこれ


なんでやねん‼︎
プロレスである。

主人公があーきらかにアントニオ猪木を想わせる顎の長い黒パンツの男。

なぜこれだったのかわからない。

上二人によく泣かされていたのを見てプロレスで強くなれの気持ちを込めてなのか・・・

どうせならシリーズもう一つのこれ


『モンスタ−パニック』で揃えたら良かったような気がしますが、親の事情でしょう。
これは前の家のうちの長男の一つ下の俊彦ちゃんが持っていた。

これも余談である・・・

どのゲームも兄弟で替えことして、遊んだことを覚えている。

マニアックな話だが長男の『オイルギャングギャング』は操作性、ゲーム内容(設定)がわかりにくく、面白くなかった、というより、操作性が幼少期の私にとって合わなかったのであろう。

それに引き換え、次男の『パクパクマン』は心踊るゲームだった。世に言う『パックマン』であると思うが、操作性、内容もわかりやすく、1番楽しいゲーム機だった。

ただ、次男の持ち物ということもあり、なかなかやらせてもらうには苦労した事も…
これをトータルするとプロレスも簡単な操作で、ちょうど良いものだったと思う。

しかし、単純すぎて、兄二人には物足りなく、あまりプロレスを二人の兄がする事はなかったように思う。
それが、私なりに淋しかった…
僕のでも遊んでよ‼︎

ってな感じで。
三男の勝手な思い出です。
ただ、あの時、『モンスタ−パニック』じゃなくて良かったと思う。
あれ、1番操作性が難しかったから…



ゲームウォッチ、兄貴二人に買ってあげようかな。

喜びそうな気がする。

これも

三男の勝手な思いですがね😌

後編へ続く
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

かずまっち

Author:かずまっち
鉄工所の2代目である作者『かずまっち』が日々の業務内容などなど、赤裸々に書いています。

最新記事
最新コメント
ジャンル~♪
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる